成田市、成田空港周辺の不動産相場、売却、賃貸管理に強い不動産屋、スマイル・リンク(株)スタッフが綴る不動産情報ブログです!

成田の不動産屋、スマイル・リンク(株)のブログ

不動産売却

【不動産売却】中古住宅売却~居住中で売るか?空き家にしてから売るか?

投稿日:2017年8月25日 更新日:

こんにちは。成田の不動産屋スマイル・リンク(株)川邉です。

現在、印旛郡栄町竜角寺台で中古住宅の売却依頼をいただいておりまして、
その販売活動をしています。
物件を内見しに来てくださる方たちは、印旛郡栄町内にお住まいの方か
町外でも成田市の印旛郡栄町からクルマで20分以内くらいの場所にお住まいの方が
主流です。
居住用不動産の購入者の多くはその不動産の近所に住んでいる方であるケースが
多いのですが、今回の販売活動でもその原則どおりに進んでいます。

今回売却依頼をいただいている竜角寺台の中古住宅は、まだ売主様がお住まいに
なっている状態で売り出している「居住中」の物件です。
『住みながら売却できますか?』
住宅の売却を検討されている方から、そのような質問を受けることがありますが、
もちろん可能です。

『居住中に売却するのと、空き家になってから売却するのとどちらが有利ですか?』
という質問もしばしば受けますが、空き家の方が売りやすいことは事実です。
やはり、購入検討中の方にとっては、空き家の方が気楽に見に来ることができますから。
しかし、「現在居住中だから、空き家になるまで売り出すのはやめておこう」という
考え方は止めた方が良いです。売出しを始めなければ見に来るお客様が現れる可能性は0%
ですが、居住中でも売り出しをかければ見に来る人は現れます。現に今、当社で売り出し中の
前述の竜角寺台の中古住宅は居住中でも見に来ていますからね。

居住中の売り物件を見に来るお客様にとってのメリットは
「その物件について誰よりも良く知っている売主様本人から率直な話が聞ける」
ということがあります。
不動産業者は物件の説明をするときには事実のみを伝えることに努めますが、
売主様が一般個人の場合は主観を交えて話をしてくださるので、
購入を検討している方にとっては新鮮でリアリティのある話が聞ける場合が多いでしょう。

これは、居住中物件ならではのメリットですから、物件購入を検討している方は
居住中の物件であっても遠慮なくドンドン見に行かれることをお勧めします。

スマイル・リンク株式会社
宅地建物取引士・2級FP技能士
川邉 雅信(かわべ まさのぶ)
〒286-0033
千葉県成田市不動ヶ岡1109-4
【受付】0120-456-816
TEL0476-20-3306・FAX0476-22-4406
Mail: mkawabe@smile-link.co.jp
HP : http://www.smile-link.co.jp/
~「次回も利用したい!」と評価される会社を目指して~

-不動産売却

Copyright© 成田の不動産屋、スマイル・リンク(株)のブログ , 2020 AllRights Reserved.