成田市、成田空港周辺の不動産相場、売却、賃貸管理に強い不動産屋、スマイル・リンク(株)スタッフが綴る不動産情報ブログです!

成田の不動産屋、スマイル・リンク(株)のブログ

売買事例紹介

成田市不動ヶ岡の土地の売買契約をしました!

投稿日:

成田市不動ヶ岡売地~スマイル・リンク(株)により売却完了~

地元のお客様から売却依頼を承っていた成田市不動ヶ岡の売地の売買契約を本日無事に執り行いました!

こんにちは。成田の不動産屋、スマイル・リンク(株)の川邉です。
コロナの影響で問い合わせが少なくなってきましたが、それでも物件へのお問い合わせ、物件現地のご案内の仕事は毎日発生しています。

新型コロナウイルスの影響はあるものの、、、

一般個人のお客様がマイホームやマイホームの建築用地を探すという案件の方がコロナの影響を受けて居まして、事業のために購入したり借りたりしたいという事業用の物件に対するお問い合わせはそれほど変わらずに来ています。
もちろん、皆様マスクをつけての対応となりますが、生活のために仕事を止めるわけにはいかない事業者のお客様からのお問い合わせ対しては当社も可能な限りお応えしたいと思っております。

成田市不動ヶ岡の土地の契約前調査を念入りに行いました

さて、今回、一般のお客様から売却手配のご用命をいただいていた成田市不動ヶ岡の土地ですが、最終的には事業用地として活用したいというお客様に購入していただくことになりました。

そして、その売買契約にあたって事前に物件の調査を行うわけですが、その調査が結構大変でした。
成田市不動ヶ岡の中でもその土地は古くからの住宅地の中にあって、その土地の上には同じく古い建物がありました(その後、今の所有者様が解体して更地にしました)。このような古い地域では上下水道その他の工事の際に昔風の工事がされている場合があって、そこに新しく建物を建築しようとすると色々と支障をきたすことがあります。
もしも、そのような兆しを見逃して買主様に仲介してしまうと、後に買主様に不測のご迷惑をおかけしてしまうことになるので、それはどうしても避けなくてはなりません。

今回特に用心したのは上下水道管

買主様にご迷惑をかけないためには、特に買主様の物件購入目的をしっかりと把握しておくことが大切です。たとえば、マイホーム建築を目的としているとしたら、どのくらいの規模の住宅建築を予定しているのか、2世帯住宅や賃貸併用住宅ではないか、ガレージや地下室のような設備の構築を検討していないかetc..
そういった目的や用途によって特に注意しなければならないポイントが自ずと絞られてくるからです。

このような観点から、今回とくに気を付けたのは上下水道管の引き込み状況他でした。成田市役所を訪問して資料をいただきましたが、古い図面のため現地の状況と照らし合わせるには難しい面がありました。そうなると、現地の下水の枡(マンホール等)の蓋を開けて、水の流れる方向を確認したりして調査する必要があります。

また、売主様が物件を購入されたときに、成田の他の不動産会社に仲介してもらった際の重要事項説明書を拝見したのですが、水道の引き込み管が「20mm」と記載されていました。最近建築された物件ですと、水道の引き込み管が20mmだと水道メーターも20mmであることが普通ですから、単に水道の引き込みが20mmと表示されていると水道メーターも20mmと思ってしまいます。
しかし、この土地の上にあった建物は40年以上前に建築された平屋住宅でしたから
「もしかしたら、水道メーターは13mmなのではないか??」
とあたりを付けまして水道局で確認したところ、やはり13mmのメーターを使っていました。
この点は気づくことができて本当に良かったです。
もしも私が単に「水道の引き込み管は20mmです」とだけ説明をして売買をしてしまっていたら、買主様が水道を利用しようとしたときに初めて追加費用の支払いが必要だと気づくことになるところでした。

ちなみに、「汚水」と表示されている成田市のマンホールですが、本当は「雨水」が正しいとのこと。多分「雨水」の蓋を持っていって設置すべきところを、過って「汚水」と書いた蓋を持って行ってしまったとのこと(成田市役所)。調べてみると本当に訳が分からない色々なことが出てきます。

水道メーターのサイズによって費用が異なります

最近では一般的な住宅の場合は水道メーターは20mmのものを使います。アパートの場合は各部屋ごとに13mmのメーターを設置することが多いと思います。メーターが大きくなるほど水圧が強くなるので、同じ物件内で同時に浴室とキッチン、トイレで水を使っても不自由なく使えます。もちろん、その分、水道の基本料金、使用料金は高くなりますし、最初にメーターを設置するときの費用も異なります。
たとえば、成田市の場合、最初にメーターを設置するため市に収める費用(給水申込納付金)は13mmメーターなら165,000円、20mmのメーターだと297,000円、その差額は132,000円です。
※同じ成田市内でも地区によって給水申込納付金は多少異なります

今回はこのような形で無事に調べるべきところは調べきることができ、
売主様、買主様にご満足いただける取引をすることができました。
今後も油断せず頑張ります!

スマイル・リンク株式会社
宅地建物取引士・2級FP技能士
川邉 雅信(かわべ まさのぶ)
〒286-0044
千葉県成田市不動ヶ岡1109番4
【受付】0120-456-816
TEL0476-20-3306・FAX0476-22-4406
Mail: mkawabe@smile-link.co.jp
HP : https://www.smile-link.co.jp/
~「次回も利用したい!」と評価される会社を目指して~

-売買事例紹介

Copyright© 成田の不動産屋、スマイル・リンク(株)のブログ , 2020 AllRights Reserved.